40代 フリーター

就職氷河期に就職活動に失敗したという理由でずっとフリーターとして働いている人は多くいるものですが、ずっとフリーターでいると収入が不安定であることから将来に不安を感じていつかは正社員になって働きたいと思う人が多いのも事実です。

 

しかしながら就職氷河期に就職できずにフリーターとなった人たちは現在35歳前後あるいはそれ以上の年齢となっていて、従来はその年齢では正社員として採用されるのは年齢制限を設けてはいなかったとしても選考で落とされてしまうことがほとんどでした。

 

なのでフリータから正社員に転職しようという考えはあっても実際行動に移さない人も多いものでした。
その理由としては年齢的に将来長く勤務できないとか、加齢により仕事を覚える能力が落ちてしまうと考えられていたからです。

 

しかしながら現在は少子高齢化の影響により労働人口が減少することが確実になっているので、30代半ばの人はもちろんそれ以上の年齢の人でも正社員として採用されることが増えてきています。

 

そのため年齢的に正社員は無理だと思ってずっとフリーターに甘んじていた人でも、正社員に転職することが可能です。
特に今までフリーターとして勤務してきた仕事の分野と同じような業務を行うような会社の正社員として採用される確率は高いですし、今まで経験したことのない業種でも正社員になることは可能です。

 

また業種によって正社員に転職しやすい業種もあり、これから高齢者が増えるにつれて必要となっていく介護施設の正社員などはこれまでの職歴とは関係なく採用してもらえる可能性が高いです。

 

今フリーターから正社員に転職したいという人は、求人情報の正社員募集を見たら必ず詳細をチェックするようにして自分の希望する条件に合いそうなら問い合わせをするなり実際に応募すべきです。

 

特に経験不問という内容の書かれた求人に応募すれば、過去にフリーターの経験しかない場合でも正社員として採用されるチャンスは十分にあるのです。